×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  黒部名水ポーク・氷見牛について

氷見牛・黒部名水ポークについて

氷見牛・黒部名水ポークについて
富山県は食材の宝庫です。「富山湾」を中心とした海産物はもちろんですが、自然豊かで四季が明瞭に感じられる気候は、牛や豚など各種畜産の分野にも大きな恩恵をもたらしてくれます。

こちらでは、当店が絶対の自信を持ってお薦めする富山が誇る銘柄肉「氷見牛・黒部名水ポーク」についてご紹介をさせて頂きます。

氷見牛について

氷見牛について

氷見の「寒ブリ」と呼ばれるように、富山県氷見市は海産物がクローズアップされがちですが、実は富山県最大の肉牛の産地でもあります。

当初は、富山県産牛として出荷を行っていましたが、その飼育方法に自信があった生産農家が、もっと「氷見で育った牛」を知って頂きたいという願いより、「氷見牛」として独自のブランドを打ち出したのが始まりです。

その飼育方法は、雄大な富山の自然を余すことなく活かし、最大限に牛にストレスを与えず飼育し、最上の肉質を実現しています。

氷見牛について

「氷見牛」は、いわゆるさしの入り具合をいう「脂肪交雑」と「脂肪の質」が良いのが特長で、肉質等級の判定基準でも、上位等級(A4ランク以上)が全体平均で8割5分を超える質の高さを誇っています。

現在では、12戸の農家が、緑豊かな中山間地で約1300頭の黒毛和牛を育てており、そのうちの2戸は繁殖も行っています。

現在では、その流通量を増やすことに力をいれていますが、肉質や品質を落とす事が無いように慎重に行っているため、「氷見牛」が幻の牛肉と呼ばれる所以となっています。

黒部名水ポークについて

黒部名水ポークについて

「黒部名水ポーク」は、富山県産豚の中でも特に優良品種同士を掛合せ、ミネラルを豊富に含んだ黒部川の伏流水や「竹酢(チクサク)」を混ぜた飼料を食べさせることで、旨味成分が他のものと比べて多く、柔らかくてジューシーな豚肉を作り上げています。

肉質(肉色、きめ、しまり)を重視して上位2~3割をめどに選抜した選りすぐりの豚肉であり、年間約6,000頭程度出荷される豚の内、「黒部名水ポーク」として販売されているのは、3割程度の約2,000頭程度となります。

黒部名水ポークについて

「黒部名水ポーク」が富山県畜産共進会において、3年連続(H23~H25)で農林水産大臣賞を受賞しました。

この成績が示す通りのプレミアムポークであり、市内精肉店を中心に販売されているほか、市内小中学校の学校給食等にも供給されており、消費者等からは高い評価を受けています。これまで「黒部名水ポーク」は、多くの報道機関やTV番組、雑誌等に取上げられ、県内はもとより全国にその名を発信し、富山県産豚の普及に一役担ってきました。

現在も、供給数を上回る消費者の要望があり、今後より一層、富山県の畜産振興に貢献していくものと期待されています。